イオン導入はそばかすにも良いって知ってた?その仕組みと効果について

美容に興味のある方なら一度は聞いたことのある「イオン導入」。これは、イオン導入できる美顔器を使ってスキンケアするものですが実際に使用したことがないと、なんとなく肌がキレイになりそうなイメージでしかないですよね。

 

イオン導入器を使えばもちろん美肌になりますが、実はそばかすにも効果があるんです!レーザーで消してもまた出来てきちゃった。いくら美白クリームを塗りこんでも消えない。そんなそばかすでも、あきらめないでくださいね。

 

 

<そもそもイオン導入って何?>
微弱な電流を使うことで、ただ塗るだけでは浸透しにくい美容成分を肌の奥へ浸透させるのがイオン導入です。

 

とてもとても詳しくイオンについて説明してしまうと学生の頃の理科の時間のようで退屈になってしまいますので、大切な部分を要約します。

 

・肌の表面の角質層は酸性でプラスイオンが多く、その内側の顆粒層はアルカリ性でマイナスイオンという性質

 

・この肌の真逆の反発しあう性質のおかげで肌バリアができて外敵から皮膚内を守ってくれるが、美容成分も浸透しにくい

 

・イオン導入器で微弱な電流を流すことで角質層と顆粒層が中性になっていく

 

・反発していた酸性・アルカリ性、プラスイオン・マイナスイオンの性質がその間弱くなるので、手で塗るだけでは浸透しなかった美容成分が浸透しやすくなり、効果がぐんと上がる

 

このような感じです。

 

 

<イオン導入でそばかすがケアできるワケ>
じゃあ、なんでも良いから美容成分はイオン導入しちゃえば良いんじゃない?そう思いましたが、それは違うようです。

 

イオン導入にむいている成分と、向いていない成分があるんですね。

 

イオン導入器に向かない成分は、コラーゲンやヒアルロン酸などです。これらは粒子が大きいらしく、イオン導入には向かないとのこと。また、イソフラボンなどイオン化できない植物成分も不向き。みんな肌に良さそうなのにちょっと残念ではありますが...。

 

では、肝心のイオン導入に適した成分はなんでしょうか?

 

それは、水溶性で粒子の細かいものが最適です。ビタミンC誘導体、プラセンタ、アミノ酸、トラネキサム酸などがそうです。

 

●ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑え、しみやそばかすが濃くなってしまう元である活性酸素を除去してくれます。また、コラーゲンを生成するなどの効果もあります。

 

●プラセンタ
プラセンタは肌のターンオーバーの促進や、活性酸素の除去などの効果があります。お肌のハリを保ってくれる代表的な成分ですね。

 

●アミノ酸
アミノ酸はコラーゲンを作る原料なので美肌には欠かせません。角質の水分量を保ち、潤いのある肌にしてくれます。また、メラニンの生成を抑える働きもあります。

 

●トラネキサム酸
トラネキサム酸は、あまり耳にしない成分ですが、肝斑やニキビ跡にも効果がある美肌成分です。こちらもメラニンの生成を抑えてくれて、紫外線ダメージによる肌荒れ防止効果もあります。

 

以上のイオン導入に向いている成分すべてが、そばかすのケアには必要不可欠な成分なんです。メラニンの生成を抑える、活性酸素を除去する、肌の潤いを保つ、紫外線ダメージをケアするこれらすべてがそばかすケアには大切ですから、イオン導入はそばかすにこそ使うべきなのかもしれませんね。

 

 

<使い方も簡単!イオン導入で美肌になろう>
メーカーにより細かい部分は異なるものの、イオン導入器の使い方の基本は同じです。化粧水を含ませたコットンをイオン導入器のヘッド部分に付けて肌にあてるか化粧水を手で肌に馴染ませてからヘッドを肌にあてる方法です。

 

決められた時間で、ゆっくりと肌にあてることがコツだそうですよ。最近ではエステなどに行かなくても、市販でイオン導入器もありますし美顔器専用の化粧水や美容液も販売しています。

 

メーカーにより化粧水の成分やテクスチャーとの相性はあるようなのでお使いになるイオン導入器の説明書をよく確認してから使用してくださいね。そばかすに効果があって美肌にもなれるなら、試す価値はありそうですね。

 

>>フレキュレルの解約方法【フレキュレル購入から解約までを解説】